音大生のお部屋探し!何から始めるべき?準備とコツ

音大を目指す受験生のみなさん、入学したらどんなお部屋に住むかは決めていますか?「こんな部屋に住みたい」「部屋に置いたグランドピアノを毎日弾きたい」など、さまざまな夢があると思います。

でもいざ実際にお部屋を探すとなると、何から手を付ければよいのか分からないことも多いでしょう。初めての一人暮らしとなると、受験生のみなさんもご家族も、さまざまな不安でいっぱいだと思います。

そこで、音大生のための部屋探しは何から始めればよいのか、準備の方法とコツについてご紹介します。

音大受験生の受験&部屋探しは春から始まる!準備&コツ

音大受験生の部屋探しは春から始まります。

といっても、大学に合格してからやってくる春とは、もちろん異なります。音大受験生にとって、部屋探しは音大受験と同じ、高校3年生の春からスタートするのです。

もしも音大を受験しないお友達が、「部屋探しはまだ早いよ」と言っていたとしても、音大受験生は別です!なぜなら、音大受験生が探さなければならない「楽器演奏可能賃貸物件」は絶対数が少なく、競争率が高いからです。

受験生になったら、同時に合格してからの生活プランを考え始めましょう。

音大受験生にとって、住まいの受験準備は春にはスタートしている

受験生にとって、受験の準備はいつ始まるでしょう。人によって違ってくるかもしれませんが、音大受験生にとっては高校3年生の春からスタートします。音楽高校に通っている方、音大受験生専門予備校に通っている方は、音大受験の年間スケジュールについて詳しく説明を受けると思います。

そうではない場合、周囲に音大受験生があまりいない場合は、受験生自身がさまざまな情報を敏感にキャッチしなければなりません。音大を受験するためには、早ければ2年生のうち、遅くても受験生になった春休みの間には、準備をスタートしたいものです。

受験生の1年間にどんなイベントがあり、どんなスケジュールで何をすればよいのかをチェックしておく必要があるのです。

音大受験を希望しているなら住まいの情報は早めにチェック!

音大受験を希望しているのであれば、賃貸物件情報も早めにチェックしなければならない情報のひとつです。受験生にとって最も重要なことは、受験そのものの準備ですよね。練習や勉強で頭がいっぱいになってしまうことでしょう。

しかし、受験が終わってから賃貸物件を探し始めても、音大生向けの賃貸物件を探すことはとても難しいのです。

音大生にとって、楽器の練習は生活の一部です。時期によっては生活の大部分を占めるときもあります。大学にも練習室はありますが、数も時間も限られているためとても足りません。

充分な練習時間を確保するのであれば、自室で練習するしかないのです。

しかし一般の賃貸物件では、何も注意書きがなければ楽器の演奏は不可となります。一般の賃貸物件を取り扱っている不動産会社の場合、「楽器演奏可能」と書いてあっても、ほとんどは子どものピアノの練習程度を想定しています。

音大生やプロが朝から夜まで弾き続けることは想定されていません。さらにサックスやトランペットなど多彩な木管・金管楽器などは対象外であることがほとんどです。

そのため、音大生を目指す音大受験生の方は、ソナーレのような音大生・音楽家専門の不動産会社で楽器演奏可能賃貸物件を探す必要があります。

高校2年生から参加OKの音大もある!音大の大学受験講習会

音大受験生にとって、非常に重要なイベントがあります。志望音大で開催される、大学受験のための講習会です。

多くの音大では、夏期講習会と受験直前の冬期講習会を行っており、大学によっては春期講習を設けているところもあります。また講習会に高校2年生から参加できる大学もあり、音大受験生にとって音大受験のノウハウを学べる貴重なイベントです。

受験で必要となるソルフェージュなどの技能や、どのような部分に重点を置くかといった具体的な内容の講習で、実技レッスンが受けられることも。志望音大の講習会には必ず出ておきましょう。

高校2年生から参加OKの音大の場合は、早めに参加しておいた方が余裕もできるためおすすめです。そして音大の夏期講習会は、音大生向け楽器演奏可能賃貸物件探しのとても重要なチャンスにもなります。

そのため、事前に準備をしていくことが大切!次項で、夏期講習会と楽器演奏可能賃貸物件探しの関係について詳しく見ていきます。

夏期講習会が絶好の物件探しチャンス

音大受験生に関わらず、受験生にとっての1年間はとても多忙で、あっという間に過ぎてしまいます。やらなければならないことが毎日山積みで、受験に合格することしか考えられない……という状態だと思います。

そんな中、地方在住の受験生のみなさまが物件探しのためだけに上京して何日も費やすことは時間的にかなりの負担になります。受験シーズンが迫ってくるほど時間の余裕は無くなってしまいます。

そこで、夏期講習会を利用して物件探しをすることがおすすめなのです。

夏期講習会で音大生向け楽器演奏可能賃貸物件を探す方法

夏期講習会に参加する前に、楽器演奏可能賃貸物件探しの下準備をしていくことで効率的に時間を使って物件探しを進めることができます。まずは、志望音大の周辺にある賃貸物件を、音大生向け楽器演奏可能賃貸物件専門の不動産会社、ソナーレのホームページで検索してみましょう。

志望音大がいくつかある場合、そんなに離れていないのであれば、中間あたりの地域や乗り換えに便利な沿線上で探すとどちらに合格したときも変更せずにすみます。

またソナーレのホームページをしっかり熟読して、自分が持ち込む楽器と演奏可能な楽器に違いが無いかをチェックしてください。ソナーレマンションでは、4階以上のマンションであれば、ほとんどグランドピアノ搬入可能なエレベーターがついています。

またコントラバスなど1階でのみ演奏が許される楽器もあります。初めての一人暮らしという方が多いと思います。物件選びは保護者の方と話し合いつつ進めましょう。

気に入った物件や、ある程度希望の物件が固まったら、弊社ソナーレへご連絡ください。夏期講習会期間に合わせて内覧などご案内いたします。

事前に下準備をしておけば、夏期講習会の時間を有効活用して物件探しもしていくことが可能なのです。各音大の夏期講習会期間に合わせてご相談いただければ、上京されるタイミングで内覧のご案内が可能になります。秋、冬と本格的に受験準備が進む前に、夏の講習会でしっかり物件探しを進めておきたいですね。

高校・音楽学校で探してみよう!ソナーレのご案内資料

ソナーレでは、サイトの他にも紙媒体の資料をご用意しています。

各高校や音楽学校などで配布しているほか、東京都内にある音大の夏期講習会や冬期講習会などでもご紹介しています。

インターネットの公式サイトでチェックするほか、紙媒体の資料も保護者の方と一緒にご覧ください。

ソナーレの楽器可物件がおすすめの理由

楽器可物件専門という不動産会社は、多くはありませんが存在します。その中でもソナーレが多くの音大生のみなさま、音楽家のみなさまにご利用いただいているのには理由があります。

ソナーレが音大生のみなさまに選ばれているのはなぜなのか、解説します。

物件検索サイトでのお部屋探しが増えている現状

前述しましたが、現代では賃貸物件検索サイトの利用が、賃貸物件検索の中心になってきています。それは若い世代になるほど顕著で、多くの受験生のみなさまがスマートフォンなどで物件探しを行っています。

賃貸物件検索サイトを利用すれば、住みたい地域の不動産会社に出向くことなく、簡単に探すことができます。そのため世界中どこにいても東京周辺の賃貸物件探しができて、とても便利です。

また賃貸物件を探す際、大学・最寄り駅・沿線・地域・賃料などさまざまな条件から検索できるので、自分の好みに合ったお部屋をすぐに探すことができます。また多くのサイトでは、資料請求をすれば紙媒体の資料も送ってくれるため、家族で相談する場合にも安心ですね。

楽器可賃貸物件もネットで探せる時代…でも落とし穴に注意

一般的な賃貸物件探しの場合は、楽器演奏可能物件も条件のひとつとして検索することができます。

しかしそれはあくまでも「一般常識で許される範囲内」になります。一般常識の範疇内と考えると、ピアノであればせいぜい日中の1~2時間程度が限度でしょう。

土日の朝方からピアノを鳴らしたり、夜8~9時以降も楽器を弾いたりすることはまず許されません。まして、一般的な学生や会社員、夫婦などが入居しているごく普通の賃貸物件で、楽器の音を5時間以上立て続けに鳴らそうものなら、苦情が殺到するでしょう。

楽器可賃貸物件のすべてが、音大生向けではありません。むしろ音大生向けの楽器可賃貸物件は希少な存在なのです。

ソナーレマンションが特におすすめできる理由

ソナーレが音大生に特におすすめできる理由のひとつが、ご紹介するすべての物件が音楽家や音大生といった、半日以上楽器を演奏する方向けの物件という点です。ソナーレで楽器演奏可能賃貸物件といえば、音大生・音楽家などプロとしてのレッスンが必要な方向けの物件です。

しかも音大生が住みやすいルールがきちんと定められており、守っている以上苦情が入る恐れもありません。さらに初めての一人暮らしという学生のみなさまにも安心の、おしゃれなマンションです。

楽器可物件専門の不動産会社・ソナーレはメリットがたくさん!

楽器演奏可能賃貸物件専門の不動産会社、ソナーレで、お気に入りの物件を探すことには、さまざまなメリットがあります。

紹介する賃貸物件はすべて「AM8:00~PM11:00楽器演奏可能」~「24時間可能」物件

ソナーレでご紹介する賃貸物件はすべて楽器演奏可能賃貸物件ですが、ソナーレが掲げる「楽器演奏」とは音楽家や音大生のみなさまの生活をベースにしています。そのため、1日の活動時間のほとんどが楽器演奏可能な賃貸物件ばかりです。

スタンダードなお部屋では、午前8時~午後11時まで楽器の音出しOKというルールになっています。この時間帯を守っていただき、防音サッシや防音ドアを閉めて演奏して頂けば、マンション外への音漏れは大丈夫です。

さらにマンション内では、時間などのルールを守っている限り、周囲のお部屋の楽器音に苦情を言えない決まりになっています。入居者が演奏家や音大生であると想定されていること、ほぼ半日以上楽器を演奏できる物件であることを了承して入居頂いているからです。

音大生とお付き合いが非常に長い

ソナーレは、もともと楽器屋さんでした。音大受験生から「楽器が演奏できる物件を探しているんだけど、知りませんか」という相談が非常に多いため、創設された不動産会社がソナーレ。

だから音大生とのお付き合いが非常に長いのです。音大生の賃貸物件探し、音大生向けの楽器演奏可能賃貸物件についても知り尽くしており、楽器についても知識が豊富なので、安心して物件探しをお任せいただけます。

もと楽器屋さんだから音大受験にも詳しい

ソナーレはもと楽器屋さんです。しかも音大受験生、音大生が楽器を購入する楽器店でした。そのため、楽器についてはもちろんのこと、音大受験に関してもお付き合いが長い分、詳しく知っています。

毎年新たに受験生が来店されるため、受験スタイルの変化にもいち早く対応し、受験生のみなさまに合ったお部屋探しをご提案していくことができます。

音大生ベースで物件探しの相談に乗ってくれる

ソナーレは長年音大受験生や音大生に寄り添って、賃貸物件探しのお手伝いをしてきました。ソナーレ物件を利用している学生のみなさまの中には、そのまま音楽家になってマンションを利用し続ける方もいます。

また一般企業に就職してから、趣味などで楽器に関わり続け、ソナーレの環境を選んでお住まいになっている方もいます。さらに近年では、ソナーレに音大卒業生が就職しています。

そのため音大生のお悩みやご希望もしっかり把握、音大生の視点に立った相談にも対応しています。

音大関連で気になる疑問・不安にも詳しいスタッフたちがバンバン答えてくれる。

音大受験や賃貸物件探しで気になる疑問や不安に関しても、音大や楽器に詳しいスタッフがお応えしています。またメールやお電話、zoomなどさまざまな方法での相談に対応しています。

遠方から受験される方にも安心です。

ソナーレで始めよう!音大受験向けのお部屋探し

ソナーレでは、音大受験生のみなさま、音大生や音楽家のみなさまが安心して思いっきり練習ができる賃貸物件を広くご紹介しています。しばらく新型コロナウイルスの影響が続きそうな今、自室でたっぷり楽器練習ができることは、とても重要な賃貸探しの条件になっています。

楽器演奏の時間がたっぷりとれる楽器演奏可能賃貸物件専門の不動産会社、ソナーレで、有意義な学生時代を過ごすためのお部屋を探してみませんか。

楽器可賃貸コラム一覧へ戻る

音大生に人気の物件