不動産のお役立ち情報

冬の結露対策!キーワードは「湿気」と「換気」


今日から2月!冬本番ですね。
今年もお鍋やお魚がおいしい季節がやってきました!

さて、冬の住まいの悩みとして多く聞かれるのが結露ですね。
朝起きた時や寒い日に、窓やサッシがじとじと濡れるアレです。

今回はそんな、冬の結露対策のための知恵をご紹介します!


結露はどうして起こる?

結露というのは、皆様ご存じの、夏場に氷水が入ったコップに水が付く現象ですよね。

メガネの方にとってはこの時期、雨の日に暖かい電車に乗った時や、ラーメンをふーふーした時などにメガネが曇り、何かと恥ずかしいアレ(笑)

要は冬場、暖かい室内の空気中の水分が、冷えた窓ガラスや壁などに冷やされて、液体に変わって付着するわけですね。

結露って何が良くないの?

では、その結露を放っておくとどうなるのでしょうか?

①カビやダニが繁殖する

結露した水分がある暖かい室内の窓や壁は、カビやダニにとって格好の繁殖条件だと言われます。
カビやダニは、ぜんそくやアトピーなど、健康を害する原因になりかねません。
防げるなら防ぎたいですよね。

②壁や床のシミ・腐食

結露した水分が壁紙に染み込むと、壁紙がはがれたり、シミが出来たりしてしまう場合があります。
さらに進むと、壁や床の木材まで水分を吸い込み、腐らせてしまう事にもなりかねません。

結露対策はどうしたらいいの?

結露に最も効果的なのは「換気」です。
こまめに換気をして、室内の湿気を外に逃がす事で、結露は大きく軽減出来ます。

特に大切なポイントを見ていきましょう。

①料理をする時

お料理をする時は、湯気がたくさん出ますよね。
料理をする時はしっかりと換気扇を回し、出来ればキッチンの窓や、隣の部屋の窓を少し開けて、湯気を逃がす空気の流れを作りましょう。
鍋やおでんを楽しむ時も気を付けたいですね。

②お風呂に入った後

お風呂も湯気がいっぱいですよね。
お風呂に入った後は必ず換気扇を回し、湯船の蓋、浴室のドアをしっかり閉めて、窓がある場合は少し開けて換気しましょう。

③寝る前

寝る前に5分だけでも窓を開けて、室内の湿気を外に逃がしておくと、深夜や朝方の冷え込みによる結露を軽減出来ます。

④室内干しを避ける

洗濯物を室内干しすると、お部屋の湿度が上がります。
なるべく外で干すか、浴室で干して換気扇を回しましょう。

⑤観葉植物がある部屋

観葉植物も水蒸気を出します。
草木のある部屋はこまめな換気を意識すると良いでしょう。

⑥加湿器を使い過ぎない

冬場は風邪の予防に加湿器を利用する方も多いと思いますが、使い過ぎには注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
このように、結露対策のキーワードは「湿気」と「換気」です。
何もお部屋の窓を全開にしてブルブル震えなくても、トイレやお風呂の換気扇を回しておいたり、外出中に換気扇を回しておくだけでも結露の防止には効果的です。

湿気の出どころと、換気のタイミングを少し気にするだけで、結露は改善出来るので、お悩みの方はぜひ取り組んでみてください!

以上、今回は冬の結露対策についてご紹介しました。

« | 不動産のお役立ち情報一覧 | »

関連記事

このページの先頭に戻る
Copyright © SONARE Co.ltd. All Rights Reserved.